婚約指輪と結婚指輪

Permalink

結婚には、エンゲージリングとマリッジリングという2つの種類の指輪が関係しています。エンゲージリングは婚約の際に贈られる指輪のことで、男性から女性に対してプレゼントされるものです。女性はこれに対して腕時計やスーツなど、男性にとって必要なもので結納返しをするのが一般的です。これに対してマリッジリングは、結婚式の際に男女間で交換されることになる指輪のことです。そのため、男性も女性もリングを購入することになります。

それでは、このマリッジリング、つまり結婚指輪というのはどのような性質を持ったものなのでしょうか。結婚指輪は婚約指輪と違い、普段から装着することになる指輪です。そのため、デザイン面においては普段から装着しておくことができるような、比較的落ち着いたものが選ばれる場合が多いでしょう。また、男性も女性も装着することになるため、男性が仕事中に装着しておくことができるようなものが選択されることが多いのも特徴です。

一般的には同じデザインのものを選択することが多いですが、そうしなければならないというわけではありません。お互いがお互いのことを考えて購入するのであれば、同じデザインでなくても良いという考えをしている方も多くいます。

では、婚約指輪の場合はどうでしょうか。この先では、婚約指輪を購入するの場合のポイントに付いて紹介します。特に、「給料の三ヶ月分」と言われることも多い、婚約指輪の値段について紹介します。